渋谷SKY(渋谷スカイ)の口コミ・感想 実際に行ってみて感じたことと注意点

東京お出かけ・デートスポット
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ずーっと気になっていた渋谷SKY(渋谷スカイ)へ行ってきたので、渋谷SKY(渋谷スカイ)の口コミ・感想を書いてみたいと思います!

  • 渋谷SKY(渋谷スカイ)が気になっている
  • 渋谷SKY(渋谷スカイ)に行こうと考えている
  • 渋谷SKY(渋谷スカイ)ってどうなの?
  • 渋谷SKY(渋谷スカイ)の満足度は?

これから行こうとしている方の参考になれば嬉しいです(^^)

渋谷SKY(渋谷スカイ)とは?

渋谷SKYの外観

SHIBUYASKYは、渋谷駅東口に2019年11月1日にオープンしたスクランブルスクエアの展望施設です。

スクランブルスクエアはスクランブル交差点からも見ることができる大きなビルで大きな目をひきます。そのスクランブルの地上230m地点まで行き東京の景色を一望できるのです!

東京タワーやスカイツリーという高層ビルも都内では人気で有名ですが、渋谷SKY(渋谷スカイ)はなんと、屋外施設で夜景や日中の景色を楽しめるというところが素晴らしい♪

屋上施設は屋外ですが、46階は室内から景色を見ることができます。また、46階にはパラダイスラウンジというミュージックバーもあります。

ホットドッグ、アイス、アルコール、コーヒーなどを景色を見ながらいただくことが可能です。

同じ階にはお土産屋さんもあるので、自分や家族、お友達へのおみやげも購入することができるのです。

渋谷SKY(渋谷スカイ)の価格

SHIBUYASKYのチェットは

  • 事前に日時を指定して購入するWEBチケット
  • 当日窓口で購入する当日窓口チケット

の2種類があり、事前購入のほうがお得です!!

   18歳以上   中高生  小学生   3〜5歳
WEBチケット  1800円   1400円  900円   500円
窓口チケット  2000円   1600円  1000円   600円

私は平日の日中に思いつきで行きましたが、すいていました!窓口に直接行ってすぐに展望台にエレベーターで行くことができましたが、混み合っているとそうはいかないと思います。

日没〜夜は人気があって混雑するとスタッフの方が言っていたので、事前にチケットは購入しておくと安心です!!

渋谷SKY(渋谷スカイ)の注意点、気をつける5つのポイント

渋谷SKY(渋谷スカイ)の気をつけること

SHIBUYASKYへ行くときの気をつけるポイントを5つまとめました!!

  • 屋外に持ち込めるものは限られている
  • スタッフに写真撮影を頼めない
  • スカートだと風が強い日は大変かも
  • 真夏の日中はきついかも
  • 撮影時はマスクは外せるけどポケットに入れる必要がある

①屋外に持ち込めるものは限られている

屋外に出るときには荷物はほどんどロッカーに預ける必要があります。(専用ロッカーは100円を入れるロッカーでお金は戻ってきます)

持ち込みNGのもの

  • カバン・リュック
  • 傘・日傘
  • ネックストラップがなくポケットに入らないカメラ
  • 三脚・自撮り棒
  • ペットボトルや飲み物・食べ物
  • 帽子・マフラー・スカーフ

ベビーカーは貸出用のみOKですが、抱っこ紐推進のようです。ベビーカーの方も屋外にしましたが、一部のエリアには入れないとのこと。

屋外なので飛ばされたら危険ということで規制も厳しいんだと思います。警備員も至るところにいて、見守っていました。真冬の夜は寒いので、タートルネックや首も覆えるアウターなど必須ですね!!

②スタッフに写真撮影を頼めない

コロナの感染対策のようで、スタッフへ写真撮影をお願いしたら断られました^^;自撮り棒もだめなので、友達と取りたいときには屋外にいくつかあった鏡を使ったり、頑張って自撮りをする必要があります。一人で行くと自分のいい写真を撮るのは難しいかも…

コロナが落ち着いたらスタッフにカメラを渡すのもOKになるかもしれません。せっかく大きなお金を払っているので、一人で行っても栄えスポットで撮影できるように工夫できたらいいなと感じました。

③スカートだと風が強い日は大変かも

私が行った日はとても穏やかで無風だったのですが、風の強い日はスカートだと大変なことになるかもしれません。強風がふいても大丈夫な服装で行ったほうが、安心して素敵な景色や空間をたのしめると思います。

④真夏の日中はきついかも

帽子や日傘の屋外持ち込みがNGなので、真夏の昼間は暑さがきついと思います。空からの距離も近いですし、屋外にパラソル等も当然ないので、屋外に行くのなら真夏の日中は熱中症にならないよう気をつけてください!!

⑤撮影時はマスクは外せるけどポケットに入れる必要がある

写真撮影時にはマスクを外してもOKですが『ポケットに入れてください』と言われました。なので、ポケットのある服で行ったほうが良さそうです。マスクも飛ばされたら大変ですからね。

渋谷SKY(渋谷スカイ)の屋外はこんな感じでした!

チケットを購入してエレベーターにのって45階まで一気にあがります!エレベーターはアトラクションのような宇宙空間のような。天井はこんな感じでした。

渋谷SKY(渋谷スカイ)のエレベーター

荷物を預けて外に出ると360度広がる東京の景色が!

渋谷SKY(渋谷スカイ)からの景色・風景

よく見る網(ハンモック)のスポット。寝っ転がって星とか眺めたいですね!(眩しくて目が…)

アートっぽいところで撮影♪

インスタでよくみる撮影スポット。こちらは他の部分よりも壁が低くなっています。ここにはよくテーマパークにいる『写真撮影します!買うなら〇〇円。帰りに見ていってね〜』みたいなスタッフの人がいました。

この方々にも自分たちのスマホやカメラを渡して撮ってもらうことはできません。

渋谷SKY(渋谷スカイ)の素直な感想

スクランブルスクエアができたころから『いいなーいつか行きたいな』と考えていました。

今回実際に行ってみてすごくよかった!!東京タワー、スカイツリー、横浜のランドマークタワーも昇ったことがありますが、やはり屋外というのは渋谷スカイの強みだと思います。

時間の関係で日中に訪れましたが、本当なら夕方〜夜景まで楽しみたいな。

日の沈む様子はきっと幻想的でしょうね!なのでお時間のある方は、夕方〜夜にかけて行くことをおすすめします。カップルで行ったらロマンチックな一時を過ごせそうですね(^^)いいな♡

渋谷に職場があるので『いつか一人でも行きたいかも』と考えていましたが、友人と行って正解でした!一人だったら素敵な景色と自分の写真をほぼ撮れなかったと思います。

ここはもう1回行きたいな、季節や時間帯を変えてまた訪れたいです。素敵な場所だったので観光やデートにぜひぜひおすすめ!!『この日』と決めているのであれば、絶対にWEBでチケットを事前購入していくといいと思います。

【渋谷スカイ】
渋谷駅直結 スクランブルスクエア内
営業時間 10時から22時半(最終入場21時20分)

渋谷エリアからそう遠くない代々木上原の日本最大のモスク、東京ジャーミィもおすすめです!

 

タイトルとURLをコピーしました