みずほ銀行の解約手続きはWEB予約必須

日常
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

使っていない銀行を整理しようと思い、先日みずほ銀行の解約へ行きました。

その手続きについてお話します。

みずほ銀行解約にはWEB予約が便利

みずほ銀行を解約したい!と思ったらWEBで予約を入れていくことをおすすめします。

↓で来店予約ができるので、来店目的と店舗・日時を選択すればOKです。

来店予約サービス | みずほ銀行
お届け事項の変更、相続お手続き、住宅ローンの相談や資産運用相談のセミナー等についてウェブサイトから来店予約いただけます。

予約しないとどのくらいの時間かかるのかわかりませんが、予約を入れたら来店から終了まで20分ほどでした。

みずほ銀行解約に必要だったもの

来店する時に持参したのは

通帳

身分証明書(私は免許証)

印鑑

銀行のカード

です。

印鑑は必要ありませんでした。印鑑っていらないんですね。

銀行カードはキャッシュカードとクレジットカードが一体のもの。

みずほ銀行解約の流れ

来店して受付の人に予約番号を伝えました。するとタブレットで私の情報を出してくれてそれを持って待つように言われます。

少しして窓口に呼ばれ、タブレットを見せて手続きスタート。

身分証明書を出して、口座を確認してもらい、口座に残ったお金は他の銀行へ送金してもらった。

カードはその場ではさみを入れてもらい破棄。

『長くご利用していただきありがとうございました』と言われ手続き完了。

だいたい20分ほどで終わりました。すっきり。

なぜみずほ銀行を解約しようと思ったのか

今回なんでみずほ銀行を解約しようかと思ったのかというと、使っていなかったから・銀行口座を整理したかったからです。

口座は他にもいくつかあり、お金が散らばっているので、整理したほうがいいなと感じました。

そのきっかけがお金の大学の『両学長のユーチューブ』を見たからです。

みずほ銀行はあまり使っていなくて、でもお金は入っているという感じだったので、今回解約できてすっきりしました!

他にもいくつか口座があるので、不要なものを手放していきたいと思っています。

今メインで使っているのは楽天銀行。

コメント

タイトルとURLをコピーしました