30代小学生ママの日々のくらしと感じていること

アラサー主婦、小学生ママのぺいの日常

30代小学生ママの人生を楽しくしちゃう計画

子供が登校拒否…、そんな時親はどうすればいい?

『学校へ行きたくない』と子供が言った場合、親はどうしたらいいのでしょうか?

 

不登校の母歴3年目の私が、自分なりに思う対応を書いていきたいと思います。

 

正直私もまだまだ不登校に関しては勉強中です。

 

そして、育児・不登校に関しては1人1人考えが違います。

 

これは私の考えだと思って読んでいただけたら嬉しいです(^^♪

 

www.peiblog-s2.net

 

 

『学校へ行きたくない』親としてどうしたらいい?

f:id:pei-s2:20180712132430j:plain

休ませる

子供が『学校へ行きたくない』と言った時、どうしたらいいか悩みますよね。

 

理想的な対応は『そっか~』と共感して休ませてあげることなんでしょう。

 

学校へ行きたくない=限界

 

頑張って今まで来たけど、もう学校へ行くことができない状況なのでしょう。

 

親に『学校へ行きたくない』と言えただけでも凄いです!!

 

1日2日休んだからって、人生駄目になることはない。

 

それにたとえ不登校になったとしても、人間としてダメなわけでは決してありません!

 

まずは、心と身体の健康が大切だと私は思います。

とはいっても…焦る

『学校へ行きたくない』と子供に言われた時、親は焦ります。私もそうでした。

 

  • なんで?
  • いじめ?
  • 嫌なことがあったの?
  • 明日は行くの?
  • 将来はニートだ…
  • 人生終わった…

 

色んな思いが頭を巡ります。

 

それまで順調に学校へ行けていた子ならなおさら、地獄に突き落とされたような気持に親もなる。

理由はなんだろう?

『学校へ行きたくない』のには、明確な理由がある場合とそうでない場合があるような気がします。

 

娘の場合

 

  • 給食
  • 担任との相性

 

が原因だったように思えますが、それだけではない。

 

次の学年になり先生は変わったけど行けない…ということは、きっと理由は1つではないのかもしれない。

 

そして、『学校という空間が合わない』という子がいるということも知りました。

 

学校へ普通に行ける子もいれば、行けない子だっている。

 

義務教育の定義とは

小学校・中学校は義務教育です。

 

『義務教育なんだから学校へ行かないとダメ!』と思う方もいますが、義務教育の定義を知っていますか?

 

義務教育とは、『子供が学校へ行かないといけない』という義務ではありません。

 

『大人が子供たちに学ぶ時間と場所を作らないといけない』という義務です。

 

親は子供を働かせたりするのではなく、しっかり教育をうけさせましょう!というものです。

 

子供は教育を受ける権利があります。そして、休む権利もあります。

 

不登校だからとって、罰せられたりすることはありません。

親がすべきこととは?

f:id:pei-s2:20180712133231j:plain

私はうまくできませんでしたが、『学校へ行きたくない』と娘に言われた時に『もっとこうしておけばよかったな』ということを書いてみます。

 

学校を完全に休ませる

朝遅刻して行かせたり、なんとか説得して連れて行きましたが、やめればよかった。

 

あの期間は、親子でものすごく疲れたので意味がなかったように思えます。

 

完全に休ませることをすればよかった。 

親の焦り・不安を見せない

ついつい焦ってイライラしたり、不安になってしまったり。

 

私自身も情緒不安定でした。そんな姿を見せないようにすればよかった。

 

親がイライラしていると、子供だって悲しくなるだろうし、申し訳ない気持ちになるんだと思います。

 

でも難しい…親だって人間だもん。

時が解決するのかな

 結局は時間が解決していくものなのかも。

 

しばらく休んで学校へ再び足が向かうようになる子もいれば、フリースクールや適応教室などに自分の居場所を見つける子もいる。

 

最初私のように焦っていた親も、そのうち不登校や我が子を理解してくる。

 

私が親に『学校へ行きたくない』と言った時 

娘が不登校の我が家ですが、私も中学の時学校へ行きたくない時期がありました。

 

その時、クラスの1人の男子が私にちょっかいを出してきていたんです。

 

たった1人からの嫌がらせでしたが、本当に辛くて…頑張って学校へ行っていたけど限界。

 

ある朝母に『学校へ行きたくない』と伝えました。

 

すると母は『わかった』といって学校へ電話。

 

『学校へ行きたくないというので休みます』と。

 

それからしばらく私が学校を休みましたが、母はいつもと変わらない生活をしていました。

 

私を責めたりすることは一切なかった。

 

もしかしたら焦っていたかもしれませんが、私には一切そんな顔は見せませんでした。

 

あの時もしも無理矢理学校へ行かされていたら、生きてなかったかもしれない。

 

中学時代なんて学校と家が全てで、どちらにも居場所がないのなら生きてなんていられない。

休んたっていいじゃん!

学校、行かなくてもいい。行けなくてもいい。

 

ただ、ただ娘には生きていて欲しい。私はそう思います。

 

娘の元気のない姿、泣いている姿、不安そうな姿、学校へ行きたくなかった時期にたくさん見てきました。

 

『このままじゃ心が壊れる』そう思ったんです。

 

『学校休んだっていい』

 

心からそう思えるようになったのは、不登校3年目になった今なのかもしれません。