30代小学生ママの日々のくらしと感じていること

アラサー主婦、小学生ママの日常生活あれこれ

30代小学生ママの人生を楽しくしちゃう計画

『HSCの子育てハッピーアドバイス』を読んで心に残ったこと

子育てハッピーアドバイスで有名な明橋大二さんの新刊、『HSCの子育てハッピーアドバイス』を読んでみました。

 

HSCとは?についてはこちらに書いています。

 

www.peiblog-s2.net

 

実際に読んでみた感想を書いていきたいと思います。

 

HSCの子育てハッピーアドバイスの良い点

 

①イラストがたくさんあるので読みやすい

子育てハッピーアドバイスを読んだことがある方はわかるかと思いますが、この本にも太田知子さんのかわいいイラストがいっぱいあります。

 

そのイラストに癒される♪そして、漫画部分もあるので読みやすい&理解しやすいです。

 

②活字が苦手な方も読める

文字の多い部分もありますが、イラスト・漫画部分も多くありますので、本が苦手な方も読みやすいです!

 

HSCの本は色々と出ていますが、一番わかりやすく優しい本となっていると私は思います。

 

③読んでいて責められている感じがしない

育児本って読んでいて苦しくなる・自信がなくなるものも私はあります。

 

しかし、子育てハッピーアドバイスは、読んでいる最中も自分の心が苦しくなることはありません。

 

明橋さんの優しい人柄が伝わってくる温かい本です♪

 

私が心に残った部分

f:id:pei-s2:20180625085844j:plain

私はエイレン・N・アローンさんの『ひといちばい敏感な子』の本は読んだことがありましたが、それでもやはり日本人向けに作られた『HSCの子育てハッピーアドバイス』に気付かされた点は多くありました。

 

いくつか紹介していきます。

 

自分をコントロールできるようになれば平気

必要なのは自分をコントロールする力。そして、自分をコントロールしてくれる親の存在が大切。

 

親が冷静になり落ち着くことが必要。HSCは、優しく賢いので冷静になればしっかりコミュニケーションがとれる。

 

親子で熱くなってはいけないということですね。

 

私はすぐイライラしてしまうので、気を付けないと…。

 

甘やかすからわがままになるのではない

周りから見ると『過保護』と思われてしまう親の対応。

 

しかし、子供が敏感で繊細で不安定になりやすいので、子供の要求を受け入れる必要がある。

 

多くの場合、親が甘やかすことが子供の敏感の『原因』なっていると思われるが、そうではない。

 

これ私もよく言われます。

 

『甘やかし』『過保護』って。

 

でも、子供の心を受け入れることが一番良い対応のように感じます。

 

私も人間なので、イライラしたり余裕がないと全てを受け入れることはできません。

 

けれども、出来る限り応えていきたいし、それでいいんだ!と思えました。

 

自己肯定感が大事

 子育てハッピーアドバイスでよく出てくる言葉『自己肯定感』。

 

HSCは、自己肯定感を持ちにくいので気を付けないといけない。

 

安心できる環境で褒められて育てば、自己肯定感の高い子になる。

 

自己肯定感、大切ですよね。私も自己肯定感がめちゃめちゃ低い子でした…。

 

だからこそ自己肯定感を高める育児をしたいです。

 

合わないアドバイスもある

 『どんな人も自分が生きやすい生き方を選ぶ権利がある』

 

HSCは5人に1人。それなので、5人に4人に向けたアドバイスは合わないこともある。

 

周囲からのアドバイスが的外れなこともある。

 

この子はこの子でいい、私は私でいいと思うことが大切。

 

他人と自分の境界線を

他人の意見は尊重すべきだけど、従わないといけないことはない。

 

最終的には自分で決める。

 

周囲のアドバイスに惑わされず、我が子にとって必要なことを親が考えていく。

 

答えは子供が教えてくれる。

 

マイナスをプラスに変える

物事はマイナス面もあればプラス面もある。

 

子供の短所と思われる部分も、長所に言い換えることができる。

 

例えばこのような感じです。

 

マイナス プラス
人見知り 知らない人についていかない
傷つきやすい 優しい
心配性 リスクを回避できる

 

まとめ


『HSCの子育てハッピーアドバイス』は、とてもわかりやすくHSCのことが書かれている本でした。

 

HSCのチェックリストの他に、HSPのチェックリストものっていました。 

 

HSCは最近日本でも話題になっている言葉ですが、まだまだ認知度が低い。

 

この本をきっかけに多くの方がHSCを知ってくれるといいなと思います。

 

そして、『HSCの子育てハッピーアドバイス』よりもっと深くHSCについて書かれている本が、『ひといちばい敏感な子』です。