30代小学生ママの日々のくらしと感じていること

アラサー専業主婦、ぺいの小学生ママのあれこれ

30代小学生ママの人生を楽しくしちゃう計画

伊豆熱川へ子連れ旅行、子供との電車のおすすめの乗り方を紹介

2018年3月、伊豆熱川に旅行してきました!伊豆熱川は昨年夏も行ったので、今回で2回目。伊豆熱川子連れ旅行、子連れ電車のおすすめの乗り方を紹介します!

 

私の家族は旦那と小3の長女、年長の次女。千葉県松戸市に住んでいます!今回泊まったのは、ホテルカターラ。これも夏と同じです!子供たちが気に入ったようでリピート。

 

千葉から伊豆熱川へ、おすすめの電車

f:id:pei-s2:20180327201405j:plain

我が家は車を持っていないので、旅行は公共の乗り物を使用します。松戸から伊豆熱川に行くには、まず東京へ出て、そこから踊り子号かスーパービュー踊り子に乗る。または、東京から新幹線で熱海へ、そこで乗り換える方法もあります。

 

こだまで熱海へ。熱海で踊り子号かスーパービュー踊り子に上手く乗り換えられれば、それが1番時短になるのでしょう。

 

我が家の場合は、常磐線で上野へ。上野でお昼ご飯を買って東京へ。そして、12時発の踊り子号に乗って、ランチをとりながら伊豆熱川へ向かいます。伊豆熱川まで2時間19分。伊東線に入ると単線なのでどうしても時間はかかってしまいます。

 

電車を予約する時は、海側を予約すると、テンションがあがります(笑)おすすめ!あと、スーパービュー踊り子では、10号車の下にキッズルームがあるので、子供がいる方は10号車付近に席を抑えるといいですよ♪キッズルームといってもおもちゃなどはありませんが、多少跳ねたりできる!

 

長旅だと子供は飽きてくるので、キッズルームでちょっと気分転換するのもいいかも!このキッズルームはスーパービュー踊り子だけのもので、踊り子にはないので注意です!!

 

子連れ電車、おすすめの乗り方

子供が小さくてお昼寝をする年齢の場合には、お昼寝時間の電車を予約する。

 

また、今回の私たちのようにお昼ご飯の時間付近の電車にする。そうすると、電車の中でお昼も食べられるので良い。そのまま寝てくれたら最高ですが、我が家の娘たちは昼寝をする年齢ではありません…。

 

子供が小さくてぐずらないか不安な場合には、すぐデッキに出られる位置の席を確保する。車両の一番前だと少しスペースが広いので荷物置くのにも便利です。

 

我が家のように大人2人、小学生1人、幼児1人の場合も、4席予約しおくと良い。前後でとればボックスにできるので、他の人が隣にくることはありません。

 

この場合、特急料金と切符代は幼児でもかかってしまいますが、安心して旅行をするために、我が家では下の子が小さい時からこの方法です。

 

普通電車のグリーン車を使用する場合には、幼児はお金はかかりません。混んでいたら配慮は必要ですが、すいていればお金を払っていない幼児も1席使うことができます。

 

しかし、どうしても子どもは飽きてしまうものです。DVDや本、スマホなどなど、周りに迷惑のかからないものを使用してなんとか乗り切りましょう!車内販売のバニラアイスもおいしかったですよ♪

伊豆熱川着、カターラへ

伊豆熱川へ到着。13時以降到着なら、ホテルの無料バスが来てくれています。予約は不要。カターラへはバスで2分ほど。歩いていくこともできますが、こんな坂があるので、荷物をたくさん持った状態ではきついかも。

 

f:id:pei-s2:20180327200820j:plain

これはホテルから駅に向かう方向で撮りましたが、実際は坂の上にカターラがあるんで、坂を上がらないとなりません。

 

でも、道さえ知っていれば決して遠いということはありませんよ!2時40分に私たちはホテルにつきましたが、スムーズにチェックインできて、すぐお部屋に入ることができました☆

 

カターラについては以前書きましたので、こちらをご覧ください♪

 

www.peiblog-s2.net